飛騨神岡 初金毘羅宵祭とは

飛騨神岡 初金毘羅宵祭は、毎年2月に岐阜県飛騨市神岡町で開催される、雪国飛騨では珍しい冬の夜祭です。

金毘羅様に商売繁盛・家内安全を祈願するため、江戸木遣保存会と手古舞の行列を先頭に、様々な意匠の神輿や山車が列を成し、金毘羅堂のある補陀山洞雲寺を目指して盛大に練り歩きます。

同級会(新世会)
洞雲寺
洞雲寺

飛騨神岡・禅宗の寺院「補陀山洞雲寺(ほださんとううんじ)」の堂塔伽羅をお守りする守護神「金毘羅様」。このお寺では約400年の前寺院開創より、毎年正月10日に初金毘羅祈祷(金毘羅講)が厳修されてきました。

昭和29年、当時地元消防団長であった大坪政長氏が江戸消防記念会「も組」の組頭他を招聘し、木遣り音頭の指導・伝授を受けたのを機に、商売繁盛・家内安全を祈願し初金毘羅への奉納行列を催行。

以来、少しつづ姿を変えながら、現在では地元企業や商店会、同級会やサークル団体など幅広い団体が創意工夫したオリジナルの山車を作り、パフォーマンスを繰り広げながら市街地を約1キロを練り歩く宵祭となっています。

初金毘羅祭のはじまりについて詳しくは、初金毘羅宵祭縁起をご覧ください。

 第62回 飛騨神岡初金毘羅宵祭

  • 開催日時 平成30年2月24日(土)12:00 頃 〜 21:30 頃
頁の先頭へ戻る